2012年12月07日

ダブルス 配球

今日は配球について。

配球と言っても実は二つの考え方があります。

一つは自分の配球。

もう一つは相手の配球。

どちらも大切ですが、実は相手の配球を感じる事ができれば自分の配球も良くなる事を知らないといけません。

試合で結果がでないプレーヤーはこれが逆になっています。

つまり、自分の配球を意識するので相手の配球がわかりません。

その為に自分の反応が遅れ、結局は自分の配球もできない状態になります。

大切な事は相手の配球を感じる事です。




ラベル:ダブルス 配球
posted by mm at 16:33| テニスダブルス戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

ダブルス 強くなるには?

ダブルスで強くなるには?

実は試合に勝てない人はこの事を勘違いしています。

例えば、
「サーブが良くなれば。。」
「チャンスボールを決める事ができれば。。」
「レシーブをミスしなければ。。」
「ネットプレーが出来るようになれば。。。」

こんな事を考えている人がいます。

残念ながら、これは試合の勝ち方ではありません。

多分、この方達はまだまだ勝てないでしょう。

試合の勝ち方はそれは24ポイント取る事です。

1セットマッチ6−0の場合です。

もちろん、ジュースや相手に取られたゲームで取ったポイントを含めるともっと数は増えます。

言いたい事は24ポイントはどんな結果であっても1ポイントは1ポイントだと言う事です( ̄ー ̄)ニヤリ

これが大きなヒント。

あとはもう少し考えてみてください( ̄ー ̄)ニヤリ




posted by mm at 13:04| テニスダブルス必勝法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

テニスダブルス戦略 その2

相手がむらっけのある選手なら( ̄ー ̄)ニヤリ

「集中力を切らす」という戦略も有効です。

その為には相手のペースで試合をしない事。

こういう相手のほとんどが速いテンポが好き。

なのでワザとゆっくり遅く試合をします。

もちろん、ルールが許せる範囲と言う意味です。

そうする事で相手が集中しにくい状況を作ります。

集中力が切れてくれれば相手が勝手にミスをしてくれます( ̄ー ̄)ニヤリ



posted by mm at 11:40| テニスダブルス戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニスダブルス」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。